関東と関西!同じ名前でもちょっぴり違う和菓子の不思議

桜餅って言ったじゃない!

皆さんは桜餅というとどのようなものを思い浮かべますか?実は桜餅、関西と、関東ではちょっぴり違うのです。関東のものを長命寺、関西のものを道明寺ともいうそうで、そのちがいは餡を包む粉の種類の違いなのです。関東の桜餅は小麦粉を薄く伸ばしたものに餡を巻いたもので中の餡は見えています。関西は道明寺粉というもち米で餡を包んだものでお饅頭のような丸形をしていて中の餡は見えていません。最後に桜の葉の塩漬けを巻くところは同じです。

お汁粉って言ったじゃない!

お汁粉とぜんざいも関東と関西では「判定基準」が違ってきます。関東でお汁粉とぜんざいの違いは、汁気のあるなし。でも関西では、餡の状態です。関東では汁気があれば「お汁粉」、なければ「ぜんざい」です。一方関西では餡の粒があれば「ぜんざい」、なければ「お汁粉」で汁気は「ぜんざい」「お汁粉」両方にあります。ここで関西の皆さんには「関東には小豆の粒の残ったおまけに汁気のあるものは存在しないのか?」という疑問をお持ちでしょう。それは「田舎汁粉」という名前で存在します。そして関東の方、「汁気のない餡が餅に添えられて物は存在しないのか?」という疑問をおもちでしょう。それは「亀山」という名前で存在します。

関東の「くず餅」が「葛餅」でない理由

関東の人に慣れ親しんだ「くず餅」。これは関西では別物です。関西のくず餅は葛粉を原料としており透明なもの。これにきな粉などがかかっています。関東のくず餅の原料は「葛粉」は使用せず、小麦を発酵させた小麦でんぷんで作った乳白色のもの。だから「くず餅」なんですね。これにもきな粉などがかかっています。これだけ情報が行き交う現代でも、関東、関西、それぞれ独自の和菓子の呼び方って残っているものなんですね。ちょっぴりややこしいけれど、この違い、残していきたいなぁと思う方も多いのではないでしょうか。

ずんだ餅は、枝豆をすりつぶした餡で餅を包んだお菓子です。豆を潰すという意味の「豆打」が訛ってずんだと言われるようになりました。

Back To Top