機械式時計を長く使うために注意すべき3つのポイント

磁気製品に近づけない!

「機械式時計」は巻かれたゼンマイが戻る力を動力として歯車が時を刻み、針を動かす時計を指します。ほとんどの部品が小さく金属でできているので磁気を帯びやすくなっています。磁気を帯びてしまうと誤作動を起こし、時間を正確に刻むことができなくなります。故にスマホやパソコンのように磁気を帯びている製品からは少なくとも5~10cmは離す必要があります。もし磁気を帯びた製品に近づけてしまった時は必ず磁気抜きをして大切な時計を守りましょう。

埃や湿気から守ろう!

機械式時計は精密機器なので埃や湿気に影響を受けます。故に、風防やガラスにヒビが入ったりした場合はすぐに修理しないと時計の精度が落ちてしまいます。防水機能は時計によって異なるので使用前に必ず取り扱い説明書を読む必要があります。自分の使用している時計の詳しい性能を確認することによって故障を防ぐことができます。しかし防水機能は使用していく内に衰えていきます、たとえ潜水可能な時計であっても所定の防水機能が維持されていることを確認してから使用することが重要です。

オーバーホールは定期的!

どんなに優れた機械式時計でも常に動いているので歯車などの部品が摩擦によって摩耗したり、油が劣化したり、汚れたりします。これらは故障の原因になりますが、日常の手入れではどうすることもできません。故に、定期的にオーバーホールをする必要があります。オーバーホールをすることによって時計は正確に時を刻むことができます。大切な時計です、長く使うためにも使用する時は磁気や埃、湿気に気を付け定期的にオーバーホールをすることを心がけたいですね。

ブシュロンは高級宝飾品ブランドです。ハイジュエリーを中心に、時計や香水の商品展開も行っています。大胆かつ華麗、モダンな装飾品としての代名詞となっています。

Back To Top