いまさら聞けない!?機械式時計の基礎知識とメンテナンス

機械式時計は一生ものの高級品

「時計は高級品」という認識はあっても、実際その象徴が機械式時計であることを知っている人は意外に多くありません。機械式時計はクォーツ式などと比べれば、日々決まった範囲ではあるものの時間のズレが生じる時計です。しかし、無数の部品を職人が組み上げることで完成するそれはまさに高級装飾品の極みであり、耐用年数が限られている一般的な腕時計などと違って、機械式時計の中には優に100年使い続けても駆動し続けるものもあり、まさに一生ものであると言えます。

日々のゼンマイ巻きが機械式時計の主要なメンテナンス

機械式時計には電源のON/OFFや、毎日充電器に本体を差し込むといったことをする代わりに、日々ゼンマイを巻いて動力を与えてやる必要があります。ゼンマイを適切な量巻き上げておくと、機械式時計はおよそ40時間ほど駆動し続けることができるとされます。日々の腕の運動で動力を得る自動巻きの機械式時計の場合は、腕から時計を外しても1~2日は駆動し続けます。機械式時計はゼンマイが巻いてあることを前提に各部品が動くように仕上がっているため、日々のゼンマイ巻きがその主要なメンテナンスということになります。

機械式時計には数年に1回のオーバーホールが必要

機械式時計にはクォーツ式のような電池替えの必要はありませんが、代わりに各部品や潤滑油のチェック、不具合の調整などを行うオーバーホールを数年に1回のペースで行う必要があります。新品であれば4年後に、1回以上オーバーホールに出したものであれば3年ごとにオーバーホールに出します。「故障してないから大丈夫」と思っても、必ず潤滑油は4年前後で経年劣化して機械式時計の部品に悪影響を与えだしますので、長く使いたいのであれば必ずオーバーホールに出す必要があります。

パテックフィリップは高い技術を持った熟練の職人たちだけで製造されている時計で、機械式時計の最高級ブランドです。

Back To Top